在外邦人国民審査権確認裁判

平成23年4月26日、東京地裁(八木一洋裁判長)は、在外邦人が国民審査権を行使できない事態を生じさせていたことの憲法適合性については重大な疑義があったと判決しました。事実上の「違憲状態判決」です。
関連リンク先: 伊藤塾HPでは、伊藤真弁護士の本判決についての解説が掲載されています